茶トラがFX検証中。相場はテクニカルで動いている

FXの手法を検証したりレビューを書いたりしています。自作ツールもちょこっと。主人公は茶トラ猫の「まる」。

最新記事

【書評】トレーディングシステム徹底比較
58

【書評】トレーディングシステム徹底比較

今日は20年ほど前の本ですが、トレードの良書の1冊を紹介したいと思います。 その本題に入る前に少し意地の悪い話をします。ご存知かと思いますが、トレードで儲ける方法には2つあります。ひとつはトレードで純粋に勝つ事です。これはそれなりにスキルや経験、能力が必要で一見容易く見えますが、実際には非常に困難な事です。もちろん不可...
トレードジャーナル記録先としての TradingView 活用法
233

トレードジャーナル記録先としての TradingView 活用法

トレードスキルを上達させる上で最も大事なもののひとつは「検証」です。 ボールを蹴ったことが無い人がサッカー選手になれない様にトレードも実践から学ぶ「経験」はとても大切です。ただそれだけでは不足です。行ったトレードが正しかったのか、間違っていたのか、うまく行かなかった部分はどこなのかを「データとして取得し検証する」作業が...
【トレードの心理学】起業家とトレーダーの選択の違い
98

【トレードの心理学】起業家とトレーダーの選択の違い

トレーダーの不思議で時に(たとえ冷静なつもりでいたとしても)合理的な判断ができなくなり、非合理的な判断をしてしまう事が多々あります。それを端的に示したのがこの起業家とトレーダーの選択の違いです。 起業家の選択 起業家は多くのビジネスにトライし、失敗したビジネスは切り捨て、乗り越えて、成功したビジネスに注力していく。あな...
【トレーディング考察】コツコツドカンを防ぎ、逆にコツコツと資産を増やす口座資金管理手法
168

【トレーディング考察】コツコツドカンを防ぎ、逆にコツコツと資産を増やす口座資金管理手法

トレードにおけるリスク管理として、ポジションサイズについてはよく語られる事が多いのですが、口座の資金管理についてはあまり語られる事が無いのでまとめてみます。個人的にはトレードの勝ち組と負け組を分けるのは、手法ではなく、リスク管理の面が大きいと考えています。 この記事では、コツコツドカンを防ぎ、逆にコツコツと資産を増やす...
TradingViewで全インジケーターの表示/非表示をワンクリックで切り換える裏技的なやり方
341

TradingViewで全インジケーターの表示/非表示をワンクリックで切り換える裏技的なやり方

TradingViewでは、チャートに表示されているすべてのインジケーターを一時的に非表示にする機能はありません。しかし少し応用すると、その機能が実現できます。この記事ではすべてのインジケーターをワンクリックで(一時的に)非表示にしたり、また表示させたりする方法を解説します。 TradingViewで一時的にインジケー...
FXにおける見えない手数料の罠。手数料の過小評価からくる様々な誤解。
186

FXにおける見えない手数料の罠。手数料の過小評価からくる様々な誤解。

この記事は、FXやCFD、仮想通貨などでは手数料的な部分がトレードに与える影響は大きいにも関わらず、それらは過小評価されるといった話です。これはFXなどは、株式取引と異なり明示的に手数料を負担するといったケースは少なく、普段意識されない状態で取られている事から生まれます。 FXやCFD、仮想通貨などの見えない手数料(1...
【TradingView】リプレイ機能の使い方、実際の操作動画あり
598

【TradingView】リプレイ機能の使い方、実際の操作動画あり

「思いついたらすぐやれ!」といった話がありますが、あれは正解ですね。やっぱり何事もやろうと思ったときにやらないとできなくなってしまいます。 TradingViewのリプレイ機能について、実装された時(2017年11月)に記事にしようと思っていたのですが、伸び伸びになっていたので今回まとめてました。それでは前置きはさてお...
ポンド相場と武田薬品工業によるシャイアー買収報道の影響
323

ポンド相場と武田薬品工業によるシャイアー買収報道の影響

先月4月19日「武田薬品工業がアイルランド製薬大手シャイアー(Shire)買収」のニュースが流れました。買収規模が数兆円に渡ることもあり、為替市場には大きなニュースだったので、その時点以降、経過を追っていたのでポンドの流れを中心にまとめます。 4.19 19:30頃 ポンドは2016年10月のボトムから強い流れが継続し...
【書評】デジタルゴールド
175

【書評】デジタルゴールド

先日読んだ「デジタルゴールド」の書評です。ビットコインの根っこの考え方を知りたいと思い読んだ一冊です。 概略 ビットコイン誕生からのドキュメンタリー。実話であり実在の人物が登場する。 ビットコインの誕生とその思想や機能 サトシ・ナカモトにより2009年頃に誕生。既存の通貨が抱える問題を解決したと言われる。「インターネッ...
【オプション取引のわかりやすい解説】オプションは保険と考えればわかりやすい
246

【オプション取引のわかりやすい解説】オプションは保険と考えればわかりやすい

オプション取引の仕組みについてわかりやすく解説してみます。オプションの仕組みについて解説したページは多いのですが、どうも基本的な概念についてわかりやすく説明した記事はなかなか見つからないようです。 この記事では、オプションを理解する上でまず概念でつまづく人が多いと思うので、そこを重点的にまとめたいと思います。なお国内で...
TradingViewのチャートでインジケーターをスッキリ表示させる裏技
1264

TradingViewのチャートでインジケーターをスッキリ表示させる裏技

特にライントレードやエリオット波動などチャートにラインを引いてトレードする場合、チャートはローソク足とラインだけでスッキリしていた方が明らかに見やすいです。ただ一方で重要なテクニカルポイントはインジケーターで確認したいという要望もあります。 実はTradingViewのチャートでこれを同時に満たす方法があります。その方...
諸々雑感。(アベノリスク、ポジションサイジング)
232

諸々雑感。(アベノリスク、ポジションサイジング)

先週末に書き始めた書きかけの記事です。少し遅いですが公開します。諸々気づいたことなど。 アベノリスク 週末は森友騒動に新展開。市場では政権不安が高まっていると認識される可能性。ネガティブニュースだけれどもしこれに対するマーケットの反応が強いようならブルを考慮すべきか。このネガティブなニュースにあまり反応しないなら短期で...
【知恵袋用】TradingViewでの銘柄管理やマルチレイアウトチャートの利用方法について
996

【知恵袋用】TradingViewでの銘柄管理やマルチレイアウトチャートの利用方法について

知恵袋で回答リクエストを頂いた質問への回答です。画像枚数など諸々制限がある為、こちらで回答します。 ご質問内容 2018/2/2118:35:16 国内や外国の株式や商品、国債、為替、ビットコインなどいろいろな銘柄などのチャートをまとめて管理したいのですが、調べても一括して管理できるようなソフトややり方がみつかりません...
諸々雑感。(アイデア、勉強中の事とか、キャンペーンとか)
786

諸々雑感。(アイデア、勉強中の事とか、キャンペーンとか)

今日は2018年3月1日。諸々気づいたことなど。 アイデア関係 昨日はTradingViewにユーロ豪のアイデアを投稿。少し久々の投稿。ドル円やビットコインなど他にも転換点の通貨ペアがいくつかあったのでそちらも合わせて投稿したかったけれど時間的に厳しく断念。トレードはうまくいったものの記録は残しておきたかった。 ユーロ...
【トレードの小ネタ】エリオット波動はどの市場でも使える?
286

【トレードの小ネタ】エリオット波動はどの市場でも使える?

ちびとまるが今日の疑問について二人で話しています。 二人は納得したようですが本当でしょうか? エリオット波動はダウ平均が対象? 理論的にはどの市場で使える/使えないという事はありません。ただエリオット波動は元々ダウ平均、すなわち株価指数を対象に生まれたという事は覚えておく必要があります。エリオット自身が株価指数限定と語...
【トレードの小ネタ】エリオット波動にはレンジの概念が無い?
420

【トレードの小ネタ】エリオット波動にはレンジの概念が無い?

ちびとまるが今日の疑問について二人で話しています。 二人は納得したようですが本当でしょうか? エリオット波動ではレンジ相場を描けない? 確かに一見エリオット波動ではレンジの概念が無い様に見えます。同じ意味でレンジを描けないように見えます。 具体的にはエリオット波動では直線的な波動で上昇/下降を描きます。レンジ相場は印象...
MT4やTradingViewでCOTレポートのチャートを見る方法
1297

MT4やTradingViewでCOTレポートのチャートを見る方法

今回はCOTレポートをMT4やTradingViewのチャートで表示する方法を解説します。COTレポートとはアメリカの政府機関であるCFTC(cftc.gov)が毎週発表している先物手口のレポートです。そこには先物の各銘柄についてトレーダー種別毎のポジション状況などが書かれています。またCOTレポート自体はCFTCのサ...
過去の世界金融危機の歴史
352

過去の世界金融危機の歴史

今週はダウが一日で過去最大幅の1000ドル以上も暴落し市場に混乱が広がった週でした。現在も不安定でボラティリティの高い相場が続いています。そこで今回は「歴史に学ぶ」という事でWikipeiaを元に時系列で過去の歴史的な大暴落をまとめてみました。また一部当時のチャートも交えています。 1929年のウォール街大暴落 (19...
Return Top