茶トラがFX検証中。相場はテクニカルで動いている

FXの手法を検証したりレビューを書いたりしています。自作ツールもちょこっと。主人公は茶トラ猫の「まる」。

エリオット波動とハーモニック分析 今週のドル円まとめ [2017-01-13 金]

週末金曜日ですが今週のドル円分析をまとめておきます。チャートは以下のTradingViewに公開したアイデアからです。各見出し毎に、事後解説、チャート画像、TradingViewに公開していたコメント引用の三部構成となっています。

fxmaruchan Trader — トレーディングアイディアとチャート | TradingView https://jp.tradingview.com/u/fxmaruchan/#published-charts

ドル円LargeC波動開始の可能性 [2017-01-06 金]

基本的にはドル円は上昇がメインシナリオと見ていますがエリオット波動分析の別のシナリオとして再度100円割れの可能性も。125円から98円までの下落がA波、B波戻りが118円で終わった場合、C波で再度100円割れに。A=Cであれば91.532、Cがフィボナッチ1.618になれば74.912まで。

ファンダメンタルズ的には考えづらい状況ですが再度ドル円100円割れの可能性も

ドル円1時間足でABCDパターンの発生を予測 [2017-01-08 日]

日足レベルでの調整を判断した上で1時間足でのABCDパターン出現を予測。現在B-Cの段階でこのポイントでC地点完結の場合、D地点は113.45近辺、11日11:00頃を予測。11日水曜日のトランプ大統領就任会見に向けての調整開始と判断。ドル円をショート。

先週金曜日はNFPの内容とその後連銀総裁のタカ派発言でドル円は115.06のボトムから117.2近辺までの戻し。終値は117近辺。 この117.2への戻りで月曜日のOpening Gapは埋まった形。短期的にはABCDパターンのCが完成した可能性が濃厚で来週水曜日に向けてDの下落がスタートと考えます。 A-Bは300pipsなので、A-B = C-D とすると、Dのターゲットは113.75近辺。 先週公開のUSDJPY another story downside.ではLargeC波下落局面を想定しており、このABCDパターンがLargeC波の内部1波の可能性。 Williams %Rも良さげなタイミング。MACDもこのままクロスすれば良い形ですが。東京市場休場が後押しするか。

ドル円1時間足の修正波終了を予測 [2017-01-09 月]

ドル円の上昇が続く中で上記ABCDパターンのC地点探し。どこで折り返すか、折り返せば114円までの到達を予測。

118.6を超えてくるまでは下目線。現在のC波は117.07 - 117.87レベルで終了を予測。その後は下落1波開始へ。別のシナリオでは115.06が短期ボトムの場合。その場合現在は修正波ではなく推進波3波なので116.4以下には押さない。

ドル円1時間足のABCDパターン完成。反転上昇へ [2017-01-12 木]

予測通りドル円は高値118.6を超えず折り返し。トランプ会見の不安感増大がファンダ要素となりドル円は一気に113円台まで下落。その段階でABCDパターン完成。ドル円ショートは利確し、114円台前半から113円にかけてドテンロング。反転上昇となれば日足でのエリオット波動5波開始と予測。5-3以降での120円到達も想定。週超えでドル円ロング保有予定。

おそらくどこかのタイミングでの114円割れを持ってABCDパターンが完成。日足ではエリオット4波でありABCDパターン終了で値幅的にも時間的にも4波完結の可能性。5波上昇波スタートと想定。 タイトならば113.5割れ、余裕を持てば113割れにストップを置いて現在の水準から押し目買い。 薄い緑のABCDパターンは、「USDJPY 1h End of Corrective Wave ?」で予測したもの。濃い緑は実際の値動きに合わせ再度描きなおしたABCD。
Return Top